2011年10月20日

リメイク-ダンボール〜その1

こんにちは〜勝間まなみです。かわいい

今回は、ダンボールのリメイクです

ネットで注文しているペットボトルの水
入っている箱なんですが

これが絶妙な大きさで

おもちゃの収納にちょうどいいとおもい、リメイクしちゃいます。

今回使う箱はこれ。毎回この箱に入れられてペットボトルが届きます。
↓↓
IMG_5861.JPG

まずは、不要な上部分をカット
↓↓
IMG_5863.JPG

カットしたら内側に折り曲げる予定。補強です。
↓↓
IMG_5871.JPG

もち手のこの部分はいらないのでカツト
↓↓
IMG_5869.JPG
IMG_5870.JPG

そして、残りの三辺もカット。コツは高さを揃えることです手(チョキ)
↓↓
IMG_5872.JPG

できました〜わーい(嬉しい顔)
↓↓
IMG_5873.JPG

最終的には、こんな感じになります
↓↓
IMG_5874.JPG

では、これを綺麗にリメイクしちゃいましょう〜ぴかぴか(新しい)

今回使うのはコレ
↓↓
IMG_5875.JPG

実はこれ、壁に貼るビニールクロスなんです。

なぜ、ビニールクロスを貼るのか?

布や紙でもいいのでは?と、思いますよね〜

実は私も、布や紙を貼って色々試してみたのです。

で、最後に残ったのがコレ。ビニールクロスでした。

このビニールクロスが残った理由。

それは、なぜか?

まず第一に布を使った場合の不都合。

布を切ったあとの端の始末が面倒臭い・・・

なんせずぼらなので・・わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

で、貼ったあと、汚れても洗えない、拭けない。

その点ビニールクロスだと端の始末はしなくていいし、汚れたら拭けばいいので
いつまでも綺麗なまま使えます。

次に紙を使った場合。

まず、綺麗に貼れません。

最初はいいのですが

時間がたつにつれ、だんだんと湿気を吸うのか紙がよれよれになって
見栄えがよくないのです。

また、強度的にもいまいちです。

そして、濡れたり汚れたりしたらもう終わり。

苦労して作ったのに・・・。もうやだ〜(悲しい顔)となってしまいます。

それらの失敗を繰り返し残ったのがこのビニールクロス。

のり付きのものを選べば切って貼るだけなのでと〜っても簡単。グッド(上向き矢印)

ずぼらにはぴったりの素材です。

水にも強く、箱自体の強度もアップします。

これなら、子供が少々乱暴に扱っても大丈夫exclamation&question

と、いうことで、今回はビニールクロスを貼ります。

購入したお店はココ
↓↓
ウォールスタイル+

1mからでも親切に対応してくれました。

まずは、箱をあてて、高さを決めます。上と下の部分に適度にのりしろをもうけましょう。
↓↓
IMG_5879.JPG

あとは、切るだけ。
↓↓
IMG_5880.JPG

切れました〜るんるん
うちのわんこがチェック〜犬
↓↓
IMG_5883.JPG

貼ってゆきます。

まずは、端から
↓↓
IMG_5890.JPG

今回は重なり部分をとってのあるところにしました。
↓↓
IMG_5892.JPG

上の部分の折り曲げた部分に
↓↓
IMG_5896.JPG

クロスを折込み
↓↓
IMG_5899.JPG

そしてそれをぐるりと内側に巻き込みます。
↓↓
IMG_5900.JPG

完成〜ぴかぴか(新しい)
↓↓
IMG_5901.JPG

裏はこんな感じ
↓↓
IMG_5902.JPG

ちょっとよれよれですがく〜(落胆した顔)
↓↓
IMG_5903.JPG

が、大丈夫手(チョキ)

ここでワンポイントアドバイス。

ダンボールの切ったあまりの部分を使って、こんなものをつくります
↓↓
IMG_5904.JPG

そして、これでクロスとダンボール箱をまんべんなくこすり空気を抜いてゆくのです。
↓↓
IMG_5906.JPG

完成〜るんるん
↓↓
IMG_5910.JPG

あとは、陰干しで乾燥させるだけ。
↓↓
IMG_5911.JPG

乾燥させればよれよれもなくなります。

ほどよく乾燥したあとに、とっての部分をくりぬきます。

そうすれば持ち運びも楽チン。子供でも簡単に動かせます。

次回は、とってのくりぬき方を
ご紹介しますね〜るんるん


では、また手(チョキ)


まなみかわいい

つづきを見る>>>


収納片づけ塾サイト
↓↓
imadoki3.jpg

posted by 勝間 まなみ at 14:29| リメイク-ダンボール